ウインドーピリオド|切迫性失禁が原因で尿漏れに悩まされる│泌尿器科へ行きましょう

切迫性失禁が原因で尿漏れに悩まされる│泌尿器科へ行きましょう

ナース

ウインドーピリオド

女の人

梅毒やその他の性感染症は感染してから、検査ができるようになるまでには必要な期間があります。検査ができない期間のことをウインドーピリオドと呼び、この期間の間に検査を受けたとしても正確な結果は得られない可能性があります。梅毒の検査をする時はまず血液を採り、血中に梅毒の抗体があるかどうかを調べます。これを梅毒血清反応検査といいますが、もし梅毒に感染していたとしても、ウインドーピリオドの期間に行えば正確な検査結果は出ない可能性があります。梅毒の抗体が出てくるまでは約4週間はかかるといわれているので、梅毒血清反応検査を受ける場合は感染したと思われる日から4週間以上たった日が良いでしょう。梅毒検査が行えるようになるまでに潜伏期間というものが存在します。
梅毒に感染し、早くて3週間くらいで梅毒の症状が現れた場合は潜伏期間と覚えておきましょう。感染し症状が現れるまでが潜伏期間、検査が可能になるまでをウインドーピリオドというので誤解しないように注意しましょう。潜伏期間もウインドーピリオドも個人差があるので、ウインドーピリオドは結構余裕を持って期間を設定しています。抗体ができるまでに4週間も必要ない人もいるので、そのような人は早めに病院へ行き検査を受けることが可能です。他にも梅毒の潜伏期間にムラがあり、症状が出るまで時間がかかる人も結構多いです。梅毒に感染するような出来事があったにも関わらず、梅毒の症状が出ないからといって、自分で梅毒にかかっていないか判断しないようにしましょう。心当たりがあれば病院に行き相談すると良いです。