尿に異変が起きた時|切迫性失禁が原因で尿漏れに悩まされる│泌尿器科へ行きましょう

切迫性失禁が原因で尿漏れに悩まされる│泌尿器科へ行きましょう

ナース

尿に異変が起きた時

看護師

病院の尿検査で尿に「血が混じっている」といわれたことのある人もいると思います。血尿は腎臓や尿が通る部分に何らかの原因があって起きる現象です。年齢を重ねるごとに血尿が発見される可能性が上がってきます。男性よりも女性の方に多いのが特徴です。トイレに行き尿をする時に、目で見てわかるほど赤いことがあるのですが、尿が肉眼で赤いと判断できる場合は重要な病気のサインです。肉眼的血尿の症状が現れた場合は膀胱癌の可能性が85%もあるので、心当たりのある人は新宿にある泌尿器科で相談しましょう。腎癌は最近になっては人間ドッグで発見されることも多くなっています。他にも血尿をきっかけに発見されるパターンも少なくありません。
目で見ても赤くはなく、尿検査で血が混じっているものは顕微鏡的血尿と呼びます。顕微鏡的血尿も癌やその他重要な病気のサインとなる場合があるので新宿にある病院に行き医師に相談しましょう。血尿の原因は悪性腫瘍、膀胱炎などの内部からの病気により尿に血が混じることが原因となります。顕微的血尿を引き起こす理由は腎臓で血液から尿にろ過するフィルターの役割を果たしているものに異常が起きることによるものが理由になります。悪性腫瘍は命の危険に関わるため、早期発見するために新宿にある泌尿器科で検査してもらいましょう。もし病院で健診を受け、血尿であることを知らされたら場合は迷わず、新宿などにある泌尿器科に行き泌尿器科医に相談するといいでしょう。